ごみの減量・資源化の動画

こちらの動画では藤沢市のゴミの資源場の現状や将来の予測を紹介されています。藤沢市の簿未処理場の用地総面積は約27000㎡、埋立地の面積は17700㎡となっています。

ゴミの処理方法としては収集車によって運ばれたゴミが、ゴミ消去炉へと集められ、850℃の熱で加熱し、元々の10分の一の灰になります。現在ではそれを固めて石上の物資にしてリサイクル等をおこなっているそうです。

現状から推測した将来予測としては約25年後までを使用できることが予測されているそうです。このような広大な場所であっても25年ですので、やはり1人1人のリサイクルの意識はとても重要であることが再認識できそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る