リサイクルをすると、食品廃棄物が液体飼料になる?

食べ残しがある場合には、食品廃棄物として廃棄されまていますが、その後のリサイクルの流れがどうなっているのかご存知ですか?

まず、食品廃棄物は専用の回収ボックスで収集され、処理場ではなく液体飼料を製造するための工場に保冷トラックで搬入されます。

工場では、専用の冷蔵庫にて低温保存が行われたり、重量や品目ごとにデータ管理が行われた後に、原料である食品廃棄物を機械に投入して不適物を除去したり、粉砕処理が行われるのです。

選別された物の熱殺菌と発酵が行うことで液体飼料が完成し、飼料は養豚場などへ供給されます。

廃棄された食べ物を無駄にすることなく、飼料として再利用することで循環され、再び食卓へと巡ってくるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る