家電リサイクル対象製品の処分の仕方

使わなくなった家電、特にテレビや冷蔵庫等の家電リサイクル対象製品の不法投棄が問題になっています。
不法投棄は5万円以下の懲役、1千万円以下の罰金、または両方が科せられ、法人の場合ですと3億円以下の罰金となります。
環境の為にも正しい処分をしていきたいですが、家電リサイクル対象製品を処分するにはどうすれば良いのかを説明します。

不用品買取
まず一般的なのは小売店や量販店、民間処理業者にリサイクル料金と運搬手数料を支払って回収してもらう方法です。
他にも郵便局にてリサイクル料金を支払い、メーカーが指定した引き取り場所へ持ち込むという方法もあります。
「無料回収」を謳っている民間処理業者もありますが、ほぼ悪徳業者です。
リサイクル料金と運搬手数料を支払いたくないからと言って、そうした業者に回収を依頼するのは止めましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る