部屋の片付けでやる気を出す方法

片付け上手な人の机や引き出しの中を見てみると驚くほどスッキリとしています。
こうした片付け上手で周囲を常に作業しやすく整えられている人は、共通して物を必要最低限しか持っておらず、更にどこに何を収納しておくかをきちんと決めています。

また逆に片付けが苦手という方は、同じ用途のものを何個も持っているのが特徴です。
例えばボールペンやはさみなど、本来は1つあれば充分なものでも「一々持ってくるのが面倒だから」という理由で何個も買ってしまい、結果物が溢れて更に片付けが出来なくなってしまいます。

この様に沢山物がある状態ですと、いざ片付けようと思っても一体何から片付けていけば良いのか混乱してしまい、結局何も出来なかったという事になりがちです。
万が一同じような状況に陥っているというのなら、まずは小さい物から本当に必要な物以外を捨て、物を減らすという所から始めてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る