後悔しないための不用品回収業者の選び方

許可を受けている不用品回収業者か

他人の廃棄物を処理するには許可が必要です。 一般家庭からの粗大ゴミ・不用品・廃品を、料金を取って回収する業者は、所在する市町村の一般廃棄物処理業の許可が必要となり、なければ営業することはできままん。 よく、産業廃棄物処理業許可を持っている業者がありますが、これは、工場や企業の廃棄物を処理するための許可です。 あくまでも、一般家庭から出たゴミの処理は一般廃棄物処理業の許可であるので、産業廃棄物処理業許可を持っていても処理することができません。 無許可の業者であれば、不法投棄、不適正処理、不適正な管理により火災が起きた事例もありますから注意が必要です。 業者のホームページなどで許可番号を確認しましょう。

無料見積は細かく項目が書かれているか

多くの不用品回収業者が無料見積を行っています。 数社の業者から相見積をとり、金額とサービス内容を比較します。 見積を比較する前に、回収する品目の料金がどれくらいの相場なのか把握、確認していると、出された見積金額が適正なのかの判断ができます。 あまりにも、金額が安いと不法投棄など適切な処理がされていない可能性があります。 まち、見積の内容からも業者が優良かの判断ができます。 おおざっぱに一括いくらと書かれていると、後で追加料金を請求されることもあります。 最初から、回収品目、人件費、処理費用、オプション費用など細かく書かれているかが重要です。 見積をするスタッフの応対も重要です。 感じがいいというだけでなく、出した見積の内訳を説明出来るかで見積金額の正確さがわかります。 基準を明確にして料金設定いている業者かどうかを確認することが大切です。 一貫して作業が把握しているスタッフがいることも重要です。 見積時に来たスタッフに要望を伝えたのに、作業スタッフには連絡が伝わっておらず希望する作業をしてもらえなかったというトラブルが起こる場合もあるからです。

口コミの評判は良いのか

インターネットでの口コミも判断材料になります。 ここで、評判が良いのか、トラブルはなかったのかを確認します。 また、不用品回収業者のランキングもあり、ここにランキングされている業者は仕事に定評があると判断できます。 後悔しないためにも、依頼する不用品回収業者には信頼できる業者を選びたいものです。

最近の記事

  1. 2018.11.13

    テレビのリサイクル、捨てる時どうする?

    一部の家電製品は、家電リサイクル法で処分の方法が定められているので、粗大ごみとし…

  2. 2018.9.6

    不用品回収業者が激減した理由

    不用品回収業者は元解体業者がおこなっていることが非常に多く、底でのノウハウや人脈…

  3. 2018.8.6

    不用品販売を処分し稼ぐ!

    現在は個人でもメルカリやAMAZONなどのサイトを使用し、販売することによって不…

  4. 2018.7.5

    エコノバ

    不用品回収に関する依頼が次々に集まってくるサービスで不用品を片付けたい御客様と回…

  5. 2018.6.6

    不用品回収を考慮する場合

    不用品回収を考えることもあるのではないかと思います。なかなか自分達だけで粗大ゴミ…

  6. 2018.5.8

    不用品回収業者の中で怖いと感じる話

    不用品回収業者の中には無料で回収してくれる業者も居るようですが、実際にある話で、…

  1. 遺品整理業・不用品回収業では許可を取らなければならない
  2. ごみの減量・資源化の動画
  3. 420キロのゴミを捨てるといくらかかるのか?
  4. clear

おすすめ記事

ページ上部へ戻る